サンデンタルクリニックの歯科診療について

予約について

当医院では、来院いただいた方は、予約の有無に関係なく、全員、治療するようにしていますが、患者さん方をできるだけお待たせしないために便宜上、予約制をとっています。
応召義務:歯科医師は正当な理由なく治療を求めてきた患者さんの診療を断ってはいけない。これは、法律で定められていますが、罰則がありません。

 

1.残せる歯は抜かない

他の歯科医院で、抜くしかないと言われた歯でも、抜かずにすむケースもあります。どうしても抜かなければいけない歯とは、残しておくことによって、他の歯や、周囲の組織、そして全身に害を及ぼす歯のみです。抜いた方がいい歯とは、残しておいても何の役にも立たず、将来患者さんにとって不利益を与える可能性の高い歯と、抜くことによってよりよい口腔環境を得ることのできる歯などです。何故抜かなくもすむのか、それは、逆に何故抜歯が必要と判断されたかによります。

1.歯の崩壊が著しい:歯は物を咬むためにある。残しても咬む力に耐えられないから抜くしかないとよく聞きますが、抜いた後に前後の残った歯を使ってブリッヂ(何本かの歯を失った歯の前後ととながった一体のかぶせもの、もしくは、失った歯の前後どちらかの何本かの歯とつながった一体のかぶせもので失った部分をおぎなうもの。)にするなら、たとえ小さくとも抜かずに前後の歯とつなげて残すことも可能です。残った歯の大きさにもよりますが。

2.歯周病で周囲の骨の欠損が著しい:歯の周りの骨の欠損の仕方には、大きく分けて2種類ある、水平性の欠損と垂直性の欠損で、それらの欠損が一本の歯に全体的にあるものと部分的にあるもの、また、一本の歯にその両方があるものもある。ここで問題なのはその歯の部位(前歯か奥歯かといった)、その歯の歯ぐきの上に出ている長さと一番高い骨のてっぺんから根っこまでの長さ、及び、その面積。(垂直性の骨欠損の場合、前後のてっぺんを結んだ所まで、骨を再生させることが保険診療でも可能なことがある。自費診療であれば、骨移植を含め、様々な方法で抜かなくてもよい状態まで骨を再生させることも可能である、、、費用を考えなければ。。。。)簡単に言えば、骨は一定の条件がそろえば再生が可能な組織であるということ。

3.根の先に大きな病巣がある:根尖病巣とか歯根嚢胞、セメント質腫なんて呼ばれているものですが、かつては、大きさなどで抜くしかなかったようですが、抜かなくてもいいものがほとんどだとわかってきました。場合によっては、一度抜いて、また戻すので一応抜くことになるわけですが。大概のケースは保険診療でできます。

4.歯が割れてしまった:割れ方によって、ちがいます。縦に根っこの先端まで真っ二つに割れた場合は、まず、接着剤でくっつけてから、そのまま元の場所に戻すか、場所を移動して戻すか、戻す前に吸収性の糸や針金で縛ってからもどすとか色々、方法はあります、全て根っこの先端を薬で塞いでからになります。いずれにしても長くはもたないことが多いので、それでもいいと、おしゃる患者さんに限っての治療になります。次に、斜めに割れた場合ですが、割れた方向と深さで、治療方法が違ってきます。浅く骨の上までなら、根っこの治療して多少骨を削ってそんままかぶせる治療になります。骨の下ちょっとだけなら、根っこの治療後、歯を亜脱臼させて、その位置に固定して周囲に骨ができて沈下しないことを確認の後かぶせるとなります。また、歯と歯の間に向かって割れた場合は、一度、抜いて根っこの治療をして90度前後ひねって植えなおします。大体、よくやられているのは、以上です。あとは、大変、マニアックな【研究的)治療になります。

 

 

2.何故、歯の神経をとるのか?

歯の神経をとる目的は、大きく分けて、3つあると思っています。

まず、

a.痛みをとるため。
神経をとらなくても、痛みをとる方法はあります。しかし、全ての場合にその方法が使えるわけではありません。

b.主に保険診療において、ブリッジやつなげて何本かの歯に被せ物をする時に角度を合わせるため。

c.歯が大きく欠けて、そのままでは、詰めたり被せたりすることができない場合。

神経をとった後に神経のとおっていた管(根管)にお薬お詰めてその空間を閉鎖します。神経の治療の成否は、根っこの先端まできっちりと薬で閉鎖出来たか、否かが一つの大きな判断基準になります。だから、最後にレントゲンを撮って確認し、万が一、上手く入っていない場合はやり直しになります。人のやることですので失敗もあります。やり直すことは、恥とは考えていません。ですから、正直に患者さんに伝えて撮ったレントゲンも見てもらいたい、謝った後にやり直した後のレントゲンも見てもらうようにしています。神経の治療や根っこの治療をしてもらったらレントゲンを見せてもらうといいです。

とは言っても、出来るだけ歯の神経は、取らないにこしたことはありません。

歯の根っこの先にできた病巣の治療方法としては


1.根っこの治療

2.手術による摘出

3.抜歯

があります。

当医院では、出来るかぎり根っこの治療で治しています。しかし、大きさや歯周病の状態等の条件で手術や抜歯を行うこともあります。


症例紹介

C-1.png 

C-2.png

C-3.png

C-4.png



 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
04-7141-6565